静岡県榛原郡吉田町の歯科医院  駒形歯科医院 榛原郡吉田町片岡59-5

入れ歯とブリッジ

失ってしまった歯を補う方法には、ブリッジ、入れ歯(部分床義歯)、インプラントがあります。

ブリッジとは・・・
抜いてしまった歯の左右の歯を支えとしてそこに橋を架けるように歯を被せる方法です。
・ブリッジの長所
・自分の歯を土台とするため、自分の歯で噛んでいるのとほぼ変わらなく噛める
・ほとんどの場合保険で治療ができる
・見た目が良くできる
・ブリッジの短所
・左右の歯をある程度削らなければならない
・土台となる歯が弱い場合はできない




保険で対応できるブリッジは銀歯ですが、自費であれば白くできます。
これも1歯欠損であれば、当院独自の方法でより安く提供できます。

入れ歯(部分床義歯)とは・・・
入れ歯(部分床義歯)とは、粘膜で支える義歯です。
・入れ歯の長所
・どんな場合でもできる
・健康な歯を削る量は非常に少ない
・外して洗うので清潔に保てる
・保険でできる(保険外のものもあります)
・入れ歯の短所
・お餅やガムなど噛みにくいものがある
・金属の針金のようなバネがあるため見た目が悪くなることがある
・噛みあわせがすぐに変化し、装着が煩わしい
・ブリッジと比べて多少動くので食べ物がはさまりやすい


インプラントとは・・・
骨の中にチタンのネジを埋め込み方法です。

咬む能力が入れ歯と比較して格段に高く、自分の歯と同程度で違和感もありません。
ブリッジのように左右の歯を削ることもないので、残っている歯に対してもやさしい治療法と言えます。
費用と時間がかかることがインプラントの欠点といえます。

入れ歯の種類

・レジン床(保険)
プラスティックでできた入れ歯で保険が適用されるので経済的です。
しかし、保険診療では材質、形態などに制限があります。
歯の欠損歯数によって総入れ歯、部分入れ歯などがありますが、部分入れ歯は一般的に金属の針金のようなバネ(クラスプと言います)を残った歯にかけて保持します。

数千円〜(金額は欠損した歯の本数や部位によって異なります)
・金属床(保険外)
プラスティックの入れ歯に比べ、金属を使用するため食べ物や飲み物の熱が伝わりやすく、自然に近い味覚が得られます。
薄く小さく馴染みやすいので違和感が少なく、発音なども比較的なめらかにすることができます。
汚れがつきにくく、気になる入れ歯特有の臭いが少なく衛生的です。
プラスティック特有のたわみが少ないため割れにくく、咬む力を伝えやすく、プラスティックのみの入れ歯よりも咬む力が再現しやすいです。

十数万円〜(金額は欠損した歯の本数や部位によって異なります)
(金額はない歯の本数や部位によって異なります)
・ノンクラスプデンチャー(保険外)
入れ歯を支える金属の針金状のバネ(クラスプ)が無く、見た目では入れ歯を入れているようには見えません。
ほとんど金属を使用しないため、金属アレルギーの方にも安心です。

十数万円〜(金額は欠損した歯の本数や部位によって異なります)
はじめにおおよその見積もりをお出します。

レジン床



金属床



ノンクラスプデンチャー




駒形歯科医院
〒421-0303 静岡県榛原郡吉田町片岡59-5
0548-34-3200